MENU

島津製作所が煩雑な手作業を省き、検査時間を半分にする「新型コロナウイルス検出試薬キット」を発売

島津製作所より、煩雑な手作業を省き、検査時間を半分にする「新型コロナウイルス検出試薬キット」を発売するというプレリリースがありました。

島津製作所は、4月20日にかねてより開発を進めていた「新型コロナウイルス検出試薬キット」を発売いたします。当面は国内のみの販売となりますが、5月以降の海外輸出も視野に入れて準備を進めてまいります。
現状の遺伝子増幅法(PCR法)による新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の検出では、鼻咽頭拭い液などの試料(検体)からRNAを抽出して精製する煩雑な作業が必要です。これが多数の試料を迅速に検査する際の妨げになってきました。本キットの使用によってRNAの抽出・精製工程が省けるため、検査に要する人手を大幅に削減でき、かつ2時間以上かかっていたPCR検査の全工程を従来の半分である約1時間に短縮できます。96検体用PCR装置を用いて、96検体を検査した場合でも1時間半以内で行えます。また、手作業を行わずに済むため、人為的なミスの防止にもつながります。

[SHIMADZU] 煩雑な手作業を省き、検査時間を半分に 「新型コロナウイルス検出試薬キット」を発売 | 2020年 | ニュース | 島津製作所

「評価における陽性一致率・陰性一致率はいずれも100%です。」ということです。
日本の企業、なかなかがんばってます。

ぜひ一般の診療所でも使えるようにしてほしいところです。
ただ、「本キットは研究用試薬です。医薬品医療機器法に基づく体外診断用医薬品としての承認・認証等を受けておりません。」ということで、今後、どれだけ迅速に認証できるか注目ですね。

この記事を書いた人

目次
閉じる