MENU

新型コロナはマスクの表面で7日間感染力を持つと香港大学の研究

新型コロナウイルスの感染は、ヒト⇒モノ⇒ヒトの経路をたどることが多いのではないかということが、推測できます。
誰かと濃厚接触の覚えが無くとも感染した例が多いことは、誰かが触れたモノに付着していたウイルスが、その場で生き延びて、他の人の手に付着したあと、目や鼻の粘膜に付着したケースも多いのではないかと考えられるためです。

そのことを裏付けるような研究が香港大学から発表されました。

 新型コロナウイルスを含む液体を、様々な表面(コピー用紙、ティッシュペーパー、紙幣、サージカルマスク、ステンレス、プラスチックなど)に5µL垂らして、室温22℃、湿度65%の環境下に置きました。一定時間(0分、30分、3時間、6時間、1日、2日、4日、7日)が経過した後に、滴下点の上からウイルス輸送液200μLを追加してウイルスを回収し、感染価を調べました。
 その結果、コピー用紙とティッシュペーパーの表面からは、30分後まで感染力を持つウイルスが検出されましたが、3時間後には検出できなくなっていました。紙幣の表面では2日後まで(4日後には陰性化)、ステンレス表面とプラスチック表面では4日後まで(7日後には陰性化)、感染性のあるウイルスが検出されました。
 一方、驚くべきことに、サージカルマスクの内側では4日後まで、外側(表面)では7日後まで、感染力を持つウイルスが検出されました。内側のウイルスは7日後には陰性化していましたが、外側については、8日後以降は追跡しなかったため、ウイルスが実際に何日間感染力を持っていたのかは不明です。

新型コロナ、サージカルマスクの表面で7日間感染力を示す (2ページ目):トピックス:日経Gooday(グッデイ)

ということは、モノの表面に付着したウイルスを自分の粘膜につけないように防御していくことが、もっとも有効なのでは。

外出先で目をこすったり、鼻や口に触ったりしないということをもっと徹底すべきです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる